ホクチクとは

- 基本コンセプト -

HACCP化施設に準じて、各作業ラインでの間仕切り化など、HACCP対応型の現場レイアウトを取り入れ、『食の安心・安全』を原則に、自社製造商品の安全化、加工場内の温度・湿度管理により、高鮮度化ならびに品質の向上化を図つています。

また今後の顧客ニーズを睨み、燻製加工品の製造をはじめとした、その他の加熱加工品の開発、商品化にも取り組めるように、加熱専用の加工室も設けております。


 1  牛枝肉の入荷から、加工、保存、出荷まで、原料ならびに商品のワンルート化

 2  人の出入りもワンルート化

 3  主要な作業室・加工室と、冷蔵庫内の見える化(可視化)

 4  場内全床のドライ化 (加工場内の側溝を全て無しに。よって、カビや害虫発生の抑制に)

 5  入荷室、加工場内、出荷室の温度・湿度のコントロールを可能 (冷蔵庫・冷凍庫の温度管理は24時間監視)

 6  各室仕切リドア、冷蔵庫・冷凍庫ドアの開閉を非接触仕様に指定 (一部は除く)

会社案内

商号
ホクチク株式会社
代表者
代表取締役 川口 貴義
所在地
〒918-8231 福井県福井市問屋町1丁目15番地
TEL
0776-21-3360
FAX
0776-21-3361
設立
昭和48年9月
資本金
1,830万円
業務内容
食肉の加工、卸売販売
主要取扱い商品
各種国産牛肉、各種国産豚肉、各種国産鶏肉、各種輸入肉、各種加工品
主要取扱い銘柄(牛・豚)
若狭牛(三ツ星若狭牛)、鹿児島黒牛、仙台牛
未来めむろ牛、しほろ牛、茂野ウコン牛
福井県産豚肉、鹿児島県産豚肉、鹿児島黒豚
主要販売先
県内外の食肉専門店、スーパー量販店、食品卸問屋
主要仕入先
株式会社ナンチク、株式会社藤太、JA福井県経済連、ホクレン農業協同組合連合会
食肉メーカー、商社
取引金融機関
北陸銀行木田支店、福井銀行今市支店、日本政策金融公庫福井支店、商工中金福井支店
指定店登録

若狭牛提供の店 指定店13号(若狭牛流通推進協議会)

鹿児島黒牛黒豚販売指定店(鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会)

仙台牛銘柄推進協議会 取扱指定店810号     

関連会社

株式会社カワグチ     株式会社牛若

会社案内


沿革

1973年(昭和48年)7月
福井市志比口にて創業。
1974年(昭和49年)7月
福井市花堂に自社社屋用の用地を取得し、枝肉用冷蔵庫を併設した社屋を建設。
産地より直送にて、鹿児島県からは黒毛和牛の枝肉、静岡県からはホルスタイン牛の枝肉にて定期仕入を開始。
枝肉の定期仕入に伴い、枝肉加工業務を本格的に稼働。
1986年(昭和61年)11月
業務の拡大に伴い、福井市今市町に新社屋建設の用地取得。新社屋が竣工し稼働。
1992年(平成4年)11月
業務の拡大に伴い、社屋増築(加工場と冷蔵施設の増床、増設)。
スーパー量販店向けに、アウトパック部門の新設。
2003年(平成15年)8月
食肉加工品の開発・製造に伴い、食肉製品製造業に関する営業許可を取得。
2003年(平成15年)11月
JANメーカーコードの取得。
2004年(平成16年)11月
国産牛肉に関するトレーサビリティー法制度に伴い、基幹業務ラインのシステム化を構築。
2008年(平成20年)10月
新社屋の新築移転先として、福井市問屋町の㈿福井問屋センター内にて用地取得。
2011年(平成23年)6月
HACCPの食品衛生管理を取り入れた施設・設備として、新社屋の建設を着工。
2012年(平成24年)1月
新社屋竣工。冷蔵・冷凍設備が24時間監視体制の温度管理にて稼働。
2015年(平成27年)11月
食品衛生管理の優秀施設として、福井食品衛生協会より表彰。
2017年(平成29年)11月
自社ホームページの開設。
2018年(平成30年)7月
取締役会長に 川口 秀男 が就任。
代表取締役に 川口 貴義 が就任。
2019年(令和元年)6月
扱い品目、販売業務の拡張につき、既存の 食肉処理業、食肉製品製造業 の営業許可に加え、新たに 食肉販売業 の営業許可を取得。
2020年(令和2年)5月
加工品製造部門を新設。


アクセスマップ


施設設備